直近の業績(2022年3月期:連結)

決算の概要及び連結決算ハイライト

当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症による厳しい状況が緩和される中で全体としては持ち直しの動きが続きました。しかしながら、変異株による感染再拡大の懸念やウクライナ情勢等により、先行きは依然として不透明な状況にあります。このような経済環境のもとで当社グループは、2020年3月期から2022年3月期までの3か年の新中期経営計画「Value Up Rasa 2021~企業価値の創造~」を掲げ、築き上げてきた経営基盤を更に強化し、社会インフラを支える付加価値創出企業として持続的な成長を目指してまいりました。その結果、当連結会計年度の売上高は、主に資源・金属素材関連、プラント設備・工事関連が増収となったことを受けて313億29百万円となり、前連結会計年度と比べ46億1百万円(17.2%)の増収となりました。利益につきましては、売上の増収等により、営業利益は25億51百万円となり、前連結会計年度と比べ3億60百万円(16.5%)の増益となりました。また、経常利益は28億12百万円となり、前連結会計年度と比べ4億18百万円(17.5 %)の増益となりました。親会社株主に帰属する当期純利益は20億14百万円となり、前連結会計年度と比べ4億69百万円(30.4%)の増益となりました。

(単位:百万円)

  2022年3月期
  金額 構成比【%】
売上高 31,329 100.0
営業利益 2,551 8.1
経常利益 2,812 9.0
親会社株主に帰属する当期純利益 2,014 6.4

業績見通し

今後のわが国の経済状況は、新型コロナウイルス感染拡大の収束が未だ見通せないなか、原材料価格の高騰やウクライナ情勢に伴う国際情勢の悪化等により、依然として不安定な状況で推移するものと予想されます。当社グループを取り巻く事業環境は、国内の設備投資動向や国内外の市況に大きく影響を受けるため、今後も先行き不透明な状況が続くことが見込まれます。このような状況のなかでも、自動車産業等の一部製造業では持ち直しの傾向が見られ、資源・金属素材関連、化成品関連では需要の回復が見込まれます。また、国内外の景気動向は不透明ながらも、産機・建機関連では一定の業績を維持できる見込みとなっております。一方、プラント・設備工事関連では2021年3月期に判明した連結子会社旭テック株式会社の不適切な会計処理事案の対応として、組織の整備、ガバナンスの確立のために人材やシステム等への投資に注力するとともに、建設資材の高騰や資材不足による工期延長などが想定されることから、業績の落ち込みが見込まれます。次期(2023年3月期)の連結業績見通しにつきましては、売上高280億円、営業利益19億円、経常利益20億円、親会社株主に帰属する当期純利益14億50百万円を見込んでおります。

(単位:百万円)

  2023年3月期 第2四半期(予想) 2023年3月期(予想)
売上高 13,000 28,000
営業利益 380 1,900
経常利益 420 2,000
親会社株主に帰属する
当期(四半期)純利益
280 1,450

業績推移(2022年3月期 各四半期累計期間)

売上高

(単位:百万円)

営業利益

(単位:百万円)

ページトップへ