沿革

1939年01月 会社設立
1952年10月 食糧庁(現農林水産省)輸入食料取扱商社の指定を受く
1953年03月 スウェーデン・ベルグマン・ボア社(現アトラスコプココンストラクションツールズ社)よりピオニアさく岩機輸入開始
マレーシア産イルメナイト輸入開始
1955年04月 食糧庁(現農林水産省)納入輸入飼料取扱商社の指定を受く
1956年01月 オーストラリア産イルメナイト輸入開始
1957年01月 アメリカ・グレフコ社よりダイカライト輸入開始
1958年08月 日曹製鋼株式会社(現大平洋金属株式会社※)とニッソ・ワーマン®ポンプ総代理店契約締結
※後に大平洋金属株式会社の機械事業部門が大平洋機工株式会社として分離独立
1963年01月 オーストラリア・ウエストラリアンサンド社(現アイルカ リソーシズ リミテッド社)よりジルコンサンド輸入開始
1964年03月 大阪支店、建設省(現国土交通省)建設業許可を受く
特殊冷蔵庫輸出開始
1969年04月 八幡製鐵株式会社(現新日鐵住金株式会社)向けオーストラリア産鉄鉱石輸入開始
1973年05月 畜産振興事業団の牛肉輸入取扱商社の指定を受く
1973年08月 マレーシア産木材の輸入開始 各種バルブの輸出開始
1974年01月 本社、建設省(現国土交通省)建設業許可(特定建設業)を受く
1978年01月 オーストラリア・ウエストラリアンサンド社(現アイルカ リソーシズ リミテッド社)とジルコンサンド総販売代理店契約締結
1979年05月 スイス・ヒドロスタル社とヒドロスタルポンプ総販売代理店契約締結
1980年10月 オーストラリア・ウエストラリアンサンド社(現アイルカ リソーシズ リミテッド社)よりルコキシン輸入開始
1982年10月 ラサ工業(株)製シールド掘進機販売及びレンタル営業開始
1983年01月 特定米穀販売業者許可を受く
1983年06月 スイス・ヒドロスタル社、大平洋金属株式会社(現大平洋機工株式会社)と当社間でプリローテーションシステムのライセンス契約締結
1984年02月 ドイツ・フェルバ社とフェルバポンプ輸入販売及び製造ライセンス契約締結
1986年07月 タカサゴPAMポンプ総販売代理店契約締結
1989年02月 ドイツ・プツマイスター社と高圧ピストンポンプ総販売代理店契約締結
1990年09月 輸入酒類(ビール、果実酒類、ウイスキー類及びスピリッツ)販売業免許を取得
1994年03月 ドイツ・バーグマン社と主としてスラリーポンプ用メカニカルシール等の総販売代理店契約締結
1994年10月 ロビンズアンドマイヤーズ社とモイノポンプ総販売代理店契約締結
1995年03月 大平洋金属(株)並びに富士電エンジ(株)と共同で都市ごみ焼却灰の溶融処理→岩石化プラント(パラ・エコ・リサイクリングシステム)の開発に着手
1996年01月 オーストラリア・ワーマン社(現ウィアーミネラルズ社)より大型排脱用循環ポンプ輸入販売開始
1996年08月 ドイツ・フェルバ社との製造ライセンス契約を解消し、総代理店契約に移行
1998年03月 オーストラリア・ウエストラリアンサンド社(現アイルカ リソーシズ リミテッド社)との総代理店契約を更新し、ジルコンサンドにイルメナイトとルコキシンを加える
1998年04月 スウェーデン・アトラスコプコ社より新型さく岩機(コブラmkl)本格輸入販売開始
1998年12月 オーストラリア・ウエストラリアンサンド社がRGC社と合併してアイルカ リソーシズ リミテッド社と社名を変更し、ウエストラリアンサンド社との総代理店契約を引き継ぐ
1999年07月 大平洋金属(株)において、パラ・エコ・リサイクリングシステムの実証プラントを建設、実証試験開始準備
2000年11月 韓国・フィルテック社と容積式ポンプ総販売代理店契約締結
2002年08月 ドイツ・フォーゲルサン社と総代理店契約を締結
2003年12月 イギリス・VAI社と水砕スラグ製造設備に関する技術供用契約を更新
2004年01月 オーストラリア・ニュージーランドにおける(株)前田製作所製品の販売代理店契約を締結
2005年10月 本社、国土交通大臣から特定工事業許可(電気工事業)を受く
2006年02月 東京証券取引所市場第二部に上場
2007年03月 東京証券取引所市場第一部に上場
2007年04月 中国上海駐在員事務所開設
2011年10月 東京都中央区日本橋蛎殻町に自社ビルを建設し、本社を移転
2012年01月 イズミ株式会社を子会社化
2014年04月 シンガポール駐在員事務所開設
2014年12月 旭テック株式会社を子会社化
2015年02月 ラサ・リアルエステート株式会社を新設分割により設立
2017年04月 シンガポール支店開設

ページトップへ